お客様よりヤフオクでCL72を購入したので、
デポまでの引き取りと点検をして頂きたいたいとのご要望です。

指定日にBAS姫路デポまで引き取り、
IMG_2114

ホンダ CL72 1966年式? 走行13400km?
IMG_2115

外観は何度か手が入ってるので良好です。
灯火類もOKですが、
エンジンはキャブレターからの燃料漏れとアイドリングが続かず突然のエンスト、
あとアフターファイヤーも、
(キャブ、エアースクリュー調整では対応不可)

白煙と明確な異音が出ていないのが救いですが、
50年以上前の車両、パーツも出ないので改善するか❓ 😥

ではエンジンのコンプレッションから、
左側
IMG_2132

右側、
ゲージが怪しいですが10㎏/㎠以上はあるので、圧縮漏れは無さそうです。
(中華製の圧力ゲージにより黒文字が㎏/㎠相当)
IMG_2131

次は点火時期を確認、
コンタクトブレーカーの接点が片減りしてます。
ヤフオク等で予備の購入をお勧めします。
IMG_2148

若干ズレてましたが調整後Fマークでスパーク、
OKです。
IMG_2144

主原因はキャブレターと思うので、
燃調キットを購入しました。
IMG_2161

まずは燃料漏れですが、
フロートパッキンが破れてました。
IMG_2162

ジェット類の詰まりは有りませんでしたが、
右キャブレターはフロートの取り付けが上下逆です。。
IMG_2166

左はフロート内にガソリンが入ってます。
ホットガンで温めましたが侵入経路が不明 :-(
仕方ないので穴を開けてガソリンを抜きました。
IMG_2163

怪しい箇所も含めて半田で補修。
IMG_2164

後、スロットルバルブの動きが悪いのでフランジ面を平面に、
(フランジ面が変形してるとキャブ取り付け後キャブボディーが歪ます)
IMG_2165

試走しないとわかりませんが、
エアースクリュー調整でエンジンが反応するようになりました。
エンスト原因はフロート内の油面が低かったと思います。❓
IMG_2167

バッテリーとウインカーリレーが怪しいので交換。
IMG_2173

では試走へ、
エンストは解消、エンジンもスムーズに吹き上がりますが、
少しアイドリングのバラツキとアフターファイヤーが出てます。
キャブ調整では限界なので、これで様子を見て頂くことにします。