この車両約半年前にヤフオクで購入。
お客様の情報では2速以降シフトしないのとディーゼリングを起こすとのこと。

スズキ RL250 1975年製 走行6030Km
IMG_2444

ディーゼリングとは、
2ストの場合、燃焼室に付着したカーボンが焼玉となり、
クランク軸のオイルシールが破れそこから空気を吸うことで、
キーをOFFにしてもエンジンが4~5000rpmで廻り続けます。
私も過去何度か経験したことがありますが、
初めての時はパニックになり点火プラグを外して止めた記憶があります。 😉
IMG_2445

では作業に移ります。
まずはキャブレターのOHから、
詰まり/汚れもないので大丈夫でしょう。
IMG_2483

次は左側のオイルシールを確認、問題ないですね?
IMG_2447

エンジンを降ろしました。
IMG_2471

ピストン/シリンダーは良好です。
IMG_2472

腰下を分解する前にブラスト処理を、
IMG_2473

じゃ腰下を、
クラッチを外すとシフトしない原因が判明。
シフトシャフトのギア位置が間違ってるかな?
IMG_2475

これが正解と思います。
手動でドライブシャフトを廻すと5速まで入るようになりました。 :-)
IMG_2476

次は右クランクのオイルシールを確認します。
クランクケースを割るのは嫌な作業ですが 😥
えぇ~、オイルシールは問題ないです。?
IMG_2478

パーツは調達してたので、
ベアリングとシールを交換。
IMG_2479

一応ミッションも確認。
特に問題ないですね。
IMG_2480

クランクとミッションを組み込み、
動作チェック、OKでしょう。
IMG_2481

仮組ですがエンジンOH完了。
ディーゼリングの原因が不明だったので再度お客様に確認。
どうやらキーをOFFにしてもエンジンが止まらないだけのようなので、
単純にメインキーの接触不良と思います。
私の勝手な思い込みでした。 😉
IMG_2484

続く