モンキーが完成まじかなので早く試走したいのですが、ちょっとトラブルで一旦保留です。
ほんで、お客様からの修理依頼を後回しにしてたので・・・気持ちを入れ替えて :-)

頂いた仕事がTY250S、修理と言うか半レストアの依頼です。
年式は1984年、10年前より駐輪場で放置してたので動かなくなったとのこと。
IMG_1887

IMG_1884

修理内容を大まかに区分すると下記3項です。
・エンジン廻りの化粧直し
・フロントフォークのOH
・前後スポークの張替え etc

走行距離は約4,000Kmなので、
水が入ってない限り基本キャブレターのOHでエンジンは動くと思うのですが?
IMG_1885

では、では、キャブレターのOHから、
IMG_1888

なかなか厳しいですね、
キャブクリーナーでは詰まりを取り除くことが出来ないので超音波洗浄機で、
IMG_1891

続いて腰上を確認。
ピストン/シリンダーは傷もなく良好ですが、
カーボンが強固に付着してます。
IMG_1907

カーボンはケミカル剤で除去出来なかったので物理的に・・・
外部の腐食はサンドブラスト除去しました。
IMG_1910

シリンダーを取り付ける前にクランクケース内を確認すると、
底にオイルが1cmぐらい溜ってます?
コンロッドを廻すとクランクにオイルがべっとり・・・一次圧縮抜け?
IMG_1911

これは確認が必要です。
クランクケース内に灯油を入れて左右のオイルシールを確認。
1時間程度放置しましたが漏れはないので大丈夫でした。
<Rクランクケース側>
IMG_1920

<Lクランクケース側>
IMG_1922

少し遠回りをしましたが、腰上を組み込みます。
シリンダーとヘッドは耐熱塗料で、クラッチカバーはウレタン塗装です。
それと、気になるネジ類の錆はサンポールメッキで化粧直ししました。
IMG_1931

次はチャンバーとサイレンサー、
このまま取り付けるのは忍びないので、
IMG_1976

こちらも耐熱スプレーで塗装しおきました。
IMG_1977

タンクは内部が錆と腐った燃料でコテコテなので、
新しい物をお客様から支給頂いてます。
IMG_1978

支給頂いたタンクも内部に若干の錆が見受けられるので、
花咲かGで処理して借り付け、これでエンジン廻り完了です。
IMG_1989