こちらもレストアの依頼を頂きました :-)
キックは降りますが不動です。

モンテッサー コタ49 (Maid in Spain)
2スト49ccのトライアル車です。
年式 1970~1975ぐらいでしょうか?
IMG_2684

IMG_2685

お預かりして1ヶ月ぐらいなるので、
そろそろ進めないと 😆

困ったのがパーツ入手です。
ヨーロッパのサイトをチェックしましたが、
全くヒットしません 😥
(エンジンパーツが破損していれば迷宮入りですかね?)

走行距離397Kmを信用すればエンジンは大丈夫かな;-)
そんな訳ないか、1周廻ってますよね?
IMG_2740

では、気になるエンジンから、クラッチカバーを外しました。
あ~、水が入っとりますわ!長期放置による結露ですね :-(
IMG_2686

クラッチ板も錆付いてます”(-“”-)”
IMG_2697

フリクションプレートは摩耗と割れで交換しないと 😥
(メーターは1周廻ってました)
IMG_2698

あまり見たくないですが、ピストンとシリンダーを・・・
お~、ピストンは大丈夫です 😛
IMG_2715

シリンダーは・・・  😥
IMG_2718

耐水ペーパーで磨くと明確な段差はないので、
使用可能でしょう・・・ 😆
IMG_2739

次はマグネット側、
コイルもコンタクトも問題なさそうです?
IMG_2714

気になるクランクのオイルシールですが、
クランク室に灯油を入れると左側はダダ漏れです。
IMG_2717

腰下は、クランクベアリングのゴロツキも無く、
手動によるミッションギアの入りも問題なさそうなので、
現段階ではリスクを伴う腰下のバラシは止めて置きます 😉

とりあえず、クラッチ板とオイルシールを何とかしないと :-(

オイルシールは日本製でほぼ同寸法の物がありました。
IMG_2763

問題はクラッチ板 です:-(
おフランスでやっとCota49???と記載したものを見つけたので、
購入しました・・・
ビニール袋から判断して、MONTESA純正と思いますが、
ライニング部がふわふわのコルク材 😥
IMG_2747

更に困ったのが厚みです。
元付いてたのは2.0mmですが、購入した物は3.5mmです”(-“”-)”
IMG_2770

結果、
元は、フリクションプレートとクラッチプレートの4セットが入ってましたが、
購入したものでは3セットしか入りません 😥
でも、無いものは仕方がない(ちょっと開き直り)
購入したフリクションプレートの母体は鋼板なので、
滑るようならライニングの張替えを行います。
IMG_2771

クラッチに不安はありますが前に進みますか :roll:
なかなかの発掘品です。
IMG_2762

ガスケット製作は良い方法を見つけました。
クランクカバーをコピーしてカーボン紙で転写すれば容易です :-)
IMG_2854

次はキャブレターのOH、
ハーレーにも使用されているデロルテ製ですが、
IMG_2691

メインジェットのみ、パイロットジェットはありません :-(
こんなんで大丈夫なんか???
IMG_2857

構造は至って簡単、
バルブが開くとメインジェットから出ているノズル穴が順次顔を出す仕組みのようです。
IMG_2692

匠の技、筆で器に朱を入れて、
エンジンOH完了。
IMG_2864

交換パーツのないのが不安です。
全て仕上がってエンジンに問題があればがっかりなので、
面倒ですが、走行確認をします。

その前に点火時期の確認を、
え~ぇ、マグネットにFマークがありません 😥
老眼鏡を掛けて・・・よくよく見ると小さな突起がありました。
IMG_2867

エンジン始動 😀

敷地内を少し乗っただけなので明確ではないですが、
問題のクラッチは、3速発進で滑ってないので大丈夫でしょう。
(トライアルで酷使すると・・・?)
気になるのが、N→1速ギアの入りが少し悪いような?
原因は、シャフト類の油固着かシフトフォークの摩耗ですかね?
う~ん、試走レベルでは判らないです:cry: